太陽系科学研究系 固体惑星グループ

  • 内部専用

岡田達明 研究室

abe

岡田 達明 [Okada Tatsuaki]

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
 宇宙科学研究所 太陽系科学研究系
 宇宙科学研究所 地球外物質研究グループ併任
 宇宙科学研究所 はやぶさ2プロジェクトチーム併任

【研究内容】
太陽系の惑星、衛星、小惑星の形成や進化の謎を探る研究をしています。「はやぶさ2」「かぐや」等の搭載観測機器の開発に携わってきており、将来の月惑星探査の検討や機器開発も進めています。また、実験室で光やエックス線観測の惑星表層凹凸による影響を調べる研究をしています。

岡田研HP : https://planetb.sci.isas.jaxa.jp/~okada/

TIR
mascot

現在、小惑星探査機はやぶさ2のプロジェクトに参加しています。はやぶさ2では熱赤外カメラ(TIR)、小型ランダ(MASCOT)の開発・運用に携わっています。

particle
chamber
room-B
work

地球外物質研究グループでは、サンプルリターンミッション(はやぶさ帰還粒子など)で得られた地球外試料を保管・管理する"地球外試料キュレーションセンター[ESCuC]"の管理・運営をするとともに、太陽系及び宇宙の物質進化過程を研究しています。

ERG

ヴァン・アレン帯に存在する高エネルギー電子の生成過程を直接観測するための探査衛星。太陽風の擾乱によって起こる宇宙嵐に伴う粒子の生成過程や、宇宙嵐発達の仕組みを明らかにするため、放射線帯中心部で高エネルギーが生まれる過程を観測します。